北朝鮮をめぐる情勢は、日増しに緊張の度合いを高めているようだが、この問題に果たして終わりがあるのだろうか。もし、あるとすれば、それは北朝鮮が米国本土まで到達するICBM(大陸間弾道ミサイル)の開発に成功し、核弾頭の小型化が実現した場合か、はたまた、北朝鮮が中国による経済制裁に屈し、また、米国の徹底的な軍事攻撃により北朝鮮という国家が壊滅した場合だが、現在のところ、このどちらあも起こりそうな状況にはなく、ただただ、韓国をはじめ日本も軍事的な緊張状態を強いられる結果となっている。

米国ならびに韓国、日本が軍事行動を起こし、北朝鮮を軍事攻撃した場合に懸念されるのは、核兵器の存在ではなく、北朝鮮が保有するサリンなどの化学兵器であり、これを使ったテロ攻撃であり、多数の難民が流入する気おとっである。そして、この北朝鮮によるテロ攻撃は、北朝鮮が国家として崩壊した場合にあっても、その終焉はないということである。  しかしながら、米国は北朝鮮の核兵器開発を容認することは決してしないわぇであり、北朝鮮は核兵器を開発し、米国本土を攻撃することは、核兵器の保有によって米国と対等な立場を目指しているのであるからして、核兵器開発と弾道ミサイルの開発を断念するとは、考えにくいおである。そして、結果として朝鮮半島では、確実に軍事委行動が一向されると私は、考えるのである。